落語 「 太閤と曽呂利」

2017-7-24

ご機嫌よろしゅうございます。

今日は蛍にちなんだ古典落語をご紹介致します。

曽呂利新左衛門は、豊臣秀吉に御伽衆として仕えた

といわれる人物で、ユーモラスな頓知で人を笑わせ

る才がありましたが、元々堺で刀の鞘を作るのを

仕事としており、その鞘には刀がそろりと合うので

曽呂利の名がついたと言われています。

ある時公家衆から和歌を詠むように勧められた秀吉が

自分が猿面冠者と言われてたことから、猿丸大夫の歌を

本歌取りしようと思いつき

奥山に紅葉踏み分けなく鹿の

声聞くときぞ秋は悲しき

から「奥山に紅葉踏み分けなく蛍..」

と詠みました。蛍が鳴くのですか..?と公家衆のニヤニヤ

にたまらず「続きは明日」と言って秀吉は早々に退散します。

秀吉に呼び出された新左衛門は話を聞き終えると、

秀吉に策を伝えます。

「蛍は鳴くか」とふたたび問われたとき、古歌の

武蔵野に篠を束ねて降る雨に

蛍よりほか鳴く虫ぞなし

を引用し、さらに

奥山にもみじ踏み分けなく蛍

しかとも見えず杣(そま)のともし火

と、きこり(杣)が煙草を喫っている光景を「蛍」にたとえたと

強引にすり替え、秀吉は面子を保つことができました。

『続近世畸人伝』には秀吉の「なく蛍..」の歌に対して里村紹巴が

「蛍は鳴かない」と反論し機嫌を損ねた秀吉に、細川幽斎は

即興で「しかとも見えぬ光なりけり」

の歌を作ったという話も残っています