今月の茶花

卯月

  • 花  紺侘助椿 袋藤
  • 花入 古銅 獅子耳付

炉の名残の頃には、椿の花も小振りなものが多くなり葉の大きさも小さくなります。紺侘助は少し花の開いた加減がちょうどよく、また添えの枝も、藤の花が咲く少し前の状態である袋藤と称するものが季節感が出ると思います。古銅花入は唐物の堂々としたもので、藤の枝に対して力強く取り合わせました。