3月31日(金)茶の湯に見られる文様「柳」

2017-3-31

3月31日(金)茶の湯に見られる文様
「柳」

ご機嫌よろしゅうございます。
春に掛けられる禅語の中に
「柳緑花紅」があります。
以前メルマガでも何度かご紹介しましたが、
自然の姿そのものが真実だということを表す言葉です。

柳が日本に伝えられたのは奈良時代中期といわれています。
魔よけや邪気払いの植物とされ、送別の時には
柳の一枝を添えるという風習もあり、
茶の湯でお正月に結び柳を飾るのもここに由来します。

「柳」と共に描かれるものに、「燕」や「蹴鞠」があります。
「柳と燕」は初夏に着る着物や帯に多くみられる文様。
柳が芽吹く頃、燕が日本にやってくるため
燕と柳の組み合わせは初夏の情景を表すものとし
て共に描かれることが多く、着物や帯の柄に見受けられます。
絵画では中国南宋時代の禅僧・牧谿の筆と伝わる
「柳燕図」
雨滴をふくんだ柳の小枝に風が吹き、枝にしがみつく二羽の
燕と飛び去る一羽の燕が描かれています。

また「柳と蹴鞠」の文様もよく目にするものですが、
朝廷や公家の間で行われた蹴鞠では、
四隅に「柳、桜、楓、松」を配したところから
「柳と蹴鞠」の文様として定着したようです。