明智光秀(あけちみつひで)

2014-8-3

8月3日 明智光秀(あけちみつひで)

ご機嫌よろしゅうございます。

今日は日曜となりましたので
官兵衛の時代のお話しを。

主君信長に反逆する裏切り者としての
一面が目立つ光秀ですが、文武両道で
和歌・茶道の嗜みも深い文化人でした。

天正十年(1582)
6月に本能寺の変の起こる年ですが、
この年の正月7日の朝、
光秀は山上宗二と津田宗及を招き、
茶会を開いています。

床の間には信長直筆の掛物
通常床の間に掛ける掛物は墨跡や唐絵、古歌など
を掛けることが一般的でした。

主君の筆による掛物を飾り、恩恵に感謝していた
ように感じられます。
この数ヶ月後、その主君を討つことになるとは
当時の光秀は思いもよらなかったのではないでしょうか。

【告知】

茶道テディベア 申し込みは以下のURLからお願いします
http://enshuryu.sakura.ne.jp/shop/html/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です