東海道旅日記「三嶋茶碗」

2019-8-23

051
写真提供 大有 ギャラリーきほう
050
写真提供 三嶋大社

三嶋大社は、実は茶の湯に所縁のある神社です。
高麗茶碗の一つに三嶋茶碗という種類がありますが、
その名はこの三嶋大社が関係しています。
室町時代末期に朝鮮半島から日本に入ってきた茶碗の文様が、
当時三嶋大社で発行され広く親しまれていた「三嶋暦」に
よく似ていたため、当時の茶人から「三嶋手(みしまで)」
「暦手(こよみて)」とよばれて愛用されてい ました。
「三嶋暦」は、仮名文字の暦として日本で一番古く、
また木版刷りの品質のよさ、細字の文字模様の美しさから、
旅のみやげやお歳暮などとして人気がありました。
現在では茶の湯をしていなくても目にする、
なじみのある文様ではないでしょうか?

東海道旅日記「三嶋」

2019-8-22

箱根路を越えた遠州一行は
夕焼けとともに山を下り、三島に到着。

かり枕かたぶくるより うたたねの 
     夢を見しまの ひとのおもかげ

三嶋には遠州公の忘れ難い人との思い出があるようで
「此歌の詞書 思子細有て委(くわしく)かかず…」
と意味深な一文が記されています。
三嶋宿は箱根越えを成し遂げた人々が「山祝い」で
散財した場所として栄えました。
そしてここに鎮座する三嶋大社は、奈良・平安時代から
古書に記録が残る歴史ある神社で、源頼朝が源氏再興を
祈願したことでも有名です。
平成12年には、本殿が重要文化財に指定され、
多くの観光客で賑わっています。

048049
写真提供 三嶋大社

東海道旅日記「箱根」

2019-8-21

朝から激しく雨風が吹いていましたが、
十時を過ぎる頃には雨も静まり、遠州一行は宿を出発します。
この日は箱根越え。
1618年、江戸幕府は箱根湯本から元箱根に
至る山道を整備しました。
有名な関所の制度が定まったのは寛永2年(1625)のこと。
旧小田原宿から旧三島宿は、特に難所中の難所と言われ、
また揉め事も絶えず「箱根の八里越え」と呼ばれました。
無事に越えることができると「山祝い」といって
主人から郎党に祝儀がでたほどでした。
丸一日かかったといわれる箱根越えですが
遠州公も10時に出発し、日の暮れる午後5時
には箱根に下りており、なかなかの健脚ぶりです。

東海道旅日記 9月24日

2019-8-20

047

24日 
雨降風不止  けふはここにとどまるべきなどいふ 
巳時許りに天晴 風もしづまる 立小田原 
湯本相雲寺を経て あしがらの 山にかかる 
遠近に重る山々 谷々のこずえ 色々に染出す
にしきをさらすかと うたがふ
あまりの面白きに ゆきもやらず とある岩がねに
たすけられて 独見る 山の紅葉といふ心を

思ふかひ なき世なりけり 
あしがらの 山の紅葉も君しなければ

やうやうやまをよぢて 葦河の新宿に着
暫 休息して それより山中の里を過ぎて
夕陽とともに山をくだりて 三嶋の里に着 一宿 
折節思ひ出ることありて うたたねの夢見て

かり枕 かたぶくるより うたたねの
    夢をみしまの ひとのおもかげ

此歌の詞書 思子細有て委(くわしく)かかず

東海道旅日記「小田原」

2019-8-19

今宵の宿となる小田原で、思いがけず知り合いが
数人訪ねきて、夜が明けるまで語り明かした遠州公。
一体どんな方が会いにきたのでしょう?
明け方には雨風が激しくなり翌日の箱根越えが思いやられます。

よるなみの聲にめざます かり枕
       忍ぶ別の 夢ぞみじかき

小田原宿は江戸を出て最初の城下町にある宿場になります。
山上宗二が小田原北条氏に招かれたことから
茶の湯も盛んであったようです。
また小田原では釜も作られていました。
天明釜の流れを汲み、釜師・西村道冶が元禄13年(1700)に
書いたと伝えられる『釜師由緒』には
「…天猫文字或は天命と云、小堀遠州公御改名と云う、…」
という興味深い一文が記されています。

東海道旅日記「大磯」

2019-8-16

ご機嫌よろしゅうございます。
藤沢を経て、馬入川を渡し船で渡ると、大磯。
さらに進んでいくと、静かな風と穏やかな波の音が
心地よく聞こえます。
この場所は「こゆるぎの磯」と呼ばれ、古代から
「よろぎ、こゆるぎ、こよろぎの磯」と
万葉・古今・新古今などの歌にも多く詠まれてきた場所です。
明治期には政財界の別荘地として愛されました。
その美しい景色を眺めつつ旅への想いとともに
遠州公が歌を詠みます。

こゆるぎの いそがぬ旅も すぎて行

      別路とめよ あしがらのせき

大磯は日本初の海水浴場としてその名を知られ、
現在でも大変人気があります。

045
写真:大磯観光協会提供

東海道旅日記「藤沢」

2019-8-15

ご機嫌よろしゅうございます。

9月23日 晴 
遠州一行は神奈川の宿を早朝に出発します。

帷(かたびら)の里、いまの保土ヶ谷あたりをすぎ、
遠州一行は藤沢に差し掛かります。
藤沢は東海道の江戸日本橋から数えて6番目。
多くの道が集まる場所でもあり、東海道からの分岐点の町として栄えました。
そして藤沢は遠州公の父・新介正次公が亡くなった地でもあります。
慶長9年(1604)2月。江戸出府の途中、相模国・藤沢にて65歳で急逝。
戦乱の世を駆け抜け、ようやく平和をむかえようとしていた時代、
外様であるはずの小堀家は備中を任されるなど、譜代並みの扱いを受け、
政務に奔走しました。
遠州公この時26歳、この旅のおよそ17年前。
そして父の遺領、備中奉行を継ぎ、父と同様忙しい日々を送ることとなります。
藤沢の地に足をいれた遠州公は、亡父に想いをよせていたことでしょう。
044
046
写真提供 田中宗未先生

東海道旅日記 9月23日

2019-8-14

043
23日天晴 
神奈河を立、帷里(かたびらのさと)
藤沢を過て 船渡を経て 大磯にかかる
そこをゆき過ぎて磯辺を通る 風静に
浪の音をだやか也 ひとに問へば爰(ここ)なむ
こゆるぎのいそといふをききて 
名所に寄する別といふ心を

こゆるぎの いそがぬ旅も すぎて行
      別路とめよ あしがらのせき

なをゆきゆきて夕方 山の端にかかると
きく河のさとを過 さ河を渡りて 小田原に着 一宿 
思の外友の入来て ひとりふたりして語て其夜も更けぬ
鶏鳴を聴くより雨振出 風烈(はげしく) 浪の音高 
忍ぶ別れ旅宿枕といふこころを

よるなみの 聲にめざます かり枕 
       忍ぶ別の 夢ぞみじかき

東海道旅日記「神奈川」

2019-8-13

ご機嫌よろしゅうございます。

遠州公が江戸屋敷を出発して一泊目となる神奈川では、
親しい友人からの名残を惜しむ餞別が続々と届きます。

かへりこむと ちぎるもあだし 
人ごころさだめなき世の さだめなき身に

遠州公の返歌から、当時の旅行が現在に比べていかに
心細いものだったかということが伝わってきます。

遠州公の宿泊した神奈川は、東海道五十三次のひとつ
である神奈川宿、日本橋をでて3番目の宿場町で、
現在の横浜駅周辺でした。
この横浜駅、鉄道本数の増加や乗り入れ・地下化、
駅周辺の商業施設の参入などで駅の構造も大幅に変化し、
現在でも構 内のどこかで必ず工事が行われている
「完成しない駅」で、日本の「サグラダ・ファミリア」
とも言われています。

041