4月 13日 (月) 曳山祭り(ひきやままつり)

2015-4-13

4月 13日 (月) 曳山祭り(ひきやままつり)

ご機嫌よろしゅうございます。

この時期遠州公ゆかりの地・長浜では
日本三大山車祭の一つである、曳山祭りが行われます。

この祭りは国の重要無形民俗文化財に
指定されています。
安土桃山時代、長浜城主であった羽柴秀吉
(後の豊臣秀吉)に初めての男の子が生まれ、
喜んだ秀吉が城下の人々に金を
振る舞いました。
町民達はこれをもとに十二台の山車を作って
八幡宮の祭礼に曳き回したのが
この祭りの始まりといわれています。

江戸時代に入ると、曳山の舞台で子ども歌舞伎が
演じられるようになりました。
これがまた見事で、アメリカ大統領であったクリントンから
ホワイトハウスへ招待されたこともあるそうです。

秀吉に男子が生まれたのは天正17年(1589)、
遠州公はその頃十代の少年です。既に
大和郡山に移り住んだ頃かと思われますが、

それにしても遠州公の時代から、今も続く
お祭りがあることに、驚きと喜びを感じます。