遠州公の愛した茶入「玉川」

2014-10-25

10月25日 遠州公の愛した茶入
「玉川(たまがわ)」

ご機嫌よろしゅうございます。
今日は遠州蔵帳所載の茶入「玉川」を
ご紹介します。

その景色から遠州公が

いまぞ見るのちの玉川たづねきて
いろなる浪の秋の夕暮れ    碧玉集

から銘命したといわれています。

遠州公の茶会では特に使用の記録ありませんが、
挽家の金字形は遠州公の筆跡で「玉川」とあり、
遠州公筆の和歌色紙の掛け物が添っています。

遠州公所持の後、土屋相模守、松平弾正、神尾左兵衛、
寛政の頃には(1789ー1800)信濃国上田城主松平伊賀守
江戸十人衆河村家を経て松浦心月伯爵に伝わり、
後に藤原銀次郎に伝わりました。