大津馬(おおつうま)

2014-12-30

12月 30日 大津馬(おおつうま)

ご機嫌よろしゅうございます。

宗家の除夜釜では例年、
寄付の床に飾られる掛物があります。

何ゆゑかおもに
おほ津のうまれきて
なれもうき世か我もうきよに

という歌とともに描かれた大津馬。

大津馬とは大津の宿駅で、荷物の運送に使われていた
馬の事をいいます。

12月11日にご紹介した沢庵和尚が配流の前に、
江戸に呼ばれて東下りする途中に
詠んだ和歌といわれており、
その歌意を汲んで、松花堂昭乗が「大津馬」
を描いたとされる絵が、
根津美術館に残っています。
この寄付に掛けられる大津馬はその絵の
宗中公の写しです。

この馬を眺めていると
一年の時の流れと人の一生、
そんなことをふと考えてしまうような気がします。

今年の干支は午(うま)でした。
皆様の今年一年はどんな年でしたでしょうか?
明日はいよいよ大晦日です。