今日は19年に一度の特別な日です

2014-12-22

12月22日  今日は19年に一度の特別な日です

ご機嫌よろしゅうございます。

今日は冬至(とうじ)。
そして旧暦の11月1日。
この11月1日が冬至にあたることを
朔旦冬至(さくたんとうじ)と言って、
19年ごとに1度巡ってくる大変おめでたい日として
宮中などでは祝宴が行われていました。

旧暦は月の満ち欠けにより作られていて
月の始まりが新月に当たります。

一方、冬至は一年で最も日が短い日。
この日を境に日の長さは徐々に長くなっていきます。

「朔」は新月、「旦」は朝や夜明け、
つまり太陽が昇ってくるときという意味なので

このような太陽が復活するおめでたい日と
月が復活するおめでたい日が重なるのが
「朔旦冬至」というわけです。

次回の朔旦冬至は2033年です。