茶壺道中

2013-10-30

皆様ごきげんよろしゅうございます。

本日は茶壺道中についてお話いたします。

 

《季節の行事:茶壺道中》

茶壺道中とは、宇治の抹茶が茶壺に詰められて運ばれるその行程のことです。

徳川幕府が寛永9年(1632)に正式に制定。

毎年選ばれた採茶師2名がそれを監督します。

採茶師は4月から5月初めに、幕府の御物茶壺を携えて江戸を出発し、20日程で宇治に到着します。

宇治茶師頭取上林家の庭にある茶壺蔵に厳重に保管され、不寝番(ねずばん)も付けられました。

その後2日間にわたって茶詰が行われます。

御物茶壺は1壺あたり黄金1枚が与えられたので、黄金詰、または大判詰とも呼ばれました。

到着してから20日程のち、採茶師たちは往路の数倍の茶壺を携えて宇治を出発。

採茶師の一行の人数は約500人にものぼり、厳重な警備のもと、江戸へ運ばれました。

茶壺が通行する道は、街道沿いの村人たちによって掃除が命じられ、田畑の耕作も禁じられました。

「ずいずいずっころばし」のわらべ歌は、繁忙期の農民たちが茶壺道中を風刺した歌ともいわれています。

後に倹約令が出され、茶壺の数も一行の人数も大幅に減らされることとなりますが、10万石の格式のあるものとして、江戸後期まで続いた。