11月 23日 (月) 小雪(しょうせつ)

2015-11-23 UP

11月 23日 (月) 小雪(しょうせつ)

ご機嫌よろしゅうございます。

今日は二十四節気の小雪にあたります。
小雪は昨年もご紹介しましたが、
寒さは増すものの、まだ雪はさほど多くない
頃です。落ち葉を北風が揺らし、日差しは
徐々に弱くなっていきます。

北海道では雪が舞っていることもありますが
本州中部あたりですと、11月も半ば位には
降りはじめる頃。

平安時代には初雪が降ると、
「初雪の見参り」といって、高官たちが
宮中に参内して、雪見をし、酒宴を催したり
棉や碌を賜る慣わしがありました。

「雪月花」と言われるように、
春の花、秋の月と同じく、雪の降る景色は
日本人が昔から愛でてきた冬の美の形です。

11月 16日(月)空也と茶筅

2015-11-16 UP

11月 16日(月)空也と茶筅

ご機嫌よろしゅうございます。

三日前の11月13日は空也忌でした。
空也上人は平安時代、諸国を遍歴して踊りながら
念仏を唱えることで庶民に念仏を勧めました。
「寺を出る日を命日とせよ」と遺言したため、
寺を出たこの日が命日になっています。

さてこの空也上人は、当時流行した疫病を
退散させるおまじないとして柳の木を削り
削り花をつくりました。
これが茶筅の原型と言われています。
そして京都の六波羅蜜寺空也堂の僧が、
青竹茶筅を作り、竹の竿にその茶筅を
藁にさしたものをつけて肩に担いで売り歩く
「茶筅売り」という年末の風物がありました。
この茶筅で正月にお茶を点てていただくのが
「大福茶」とよばれるもので、無病息災の
御利益があるといわれました。
この大福茶についてはまた来月ご紹介します。