七草

2014-1-7 UP

1月7日

ご機嫌よろしゅうございます。

今日はこの和歌からご紹介したいと思います。

『君がため春の野にいでて若菜つむ

我が衣手(ころもで)に雪は降りつつ』           古今集

あなたにさしあげるために野辺に出て、若菜を摘んでいると、 まだ春が浅く、私の袖に淡雪がしきりに降りかかってきます。

光孝天皇(830ー887)作、百人一首でもおなじみのお歌です。

初子の日にもご紹介しましたが、  若菜摘みの風習は古くからあり、  春の若菜を食するのは、邪気を払うものとされ、  現在でも七草粥を食べる風習が残っています。

この七草粥の風習は 平安時代、中国の年中行事である「人日」(人を殺さない日)に作られる 「七種菜羹〔ななしゅさいのかん〕(7種類の菜が入った吸い物)」 の影響を受けた「七種粥」が、「若菜摘み」と結びつき、  七草粥になったと考えられます。

この七草粥の風習が庶民に定着していったのは 人日の節句として公式行事となった江戸時代から。

さて1月7日の今日はその七草です。

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」 ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、 スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。

これらは今で言う日本のハーブのようなもので  お節料理で疲れた胃を優しくいたわります。

ビタミン補給の意味もあり、理にかなった食事です。

【告知】 遠州流茶道ドキュメンタリー映画 「父は家元」公式ホームページ

http://chichihaiemoto.com/