桂離宮(かつらのりきゅう)

2014-9-19

9月 19日桂離宮(かつらのりきゅう)

雲は晴れ 霧は消えゆく 四方の岑
中空清く すめる月かな

ご機嫌よろしゅうございます。

上の歌は
桂離宮を手がけたといわれる
八条宮智仁親王の歌です。
この桂離宮は遠州公の好みが色濃く伝わる
建物としても有名で、かつては遠州公作と言われていた時代もあります。

さて、この桂離宮は月と深い関係があります。

仲秋の名月の夜、正面に月が見えるように
作られた「月見台」
これは書院座敷から庭へ突き出るように設置されていて
月を見るための角度や形が計算されています。

また「月波楼」という名の茶室
「浮月」という手水鉢
襖の引手も月型です。

他にも月にちなんだものがたくさんあり
親王の月を愛する心が伝わってきます。