3月21日(月)弘法大師 空海

2016-3-21

3月21日(月)弘法大師 空海

ご機嫌よろしゅうございます。

今日は3月21日
真言宗の開祖・空海が承和2年(835)に
高野山・奥の院で入定した日です。

空海は最澄らと同時期に唐に渡り、
後に日本に真言密教をもたらしました。
また能書家としても知られ、
嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられます。
「弘法も筆の誤り」「弘法筆を選ばず」
といった諺で現在でもおなじみです。
3月21日、62歳で御入定されます。

茶の湯に関しては
最澄が805年、比叡山の日吉大社に
唐より持ち帰ったお茶の種を植え、
空海は806年、唐から茶の種・石臼を持ち帰り
比叡山に植えました。
当時のお茶は高級品で、主に僧侶や貴族の間で
薬用や儀式に用いられるものでした。
形態も現在のようなものではなく、
煮出して飲む団茶であったと考えられます。
しかしこの茶は遣唐使の廃止により、
次第に衰退していきます。

濃茶

2015-2-4

2月 4日(水) 濃茶

ご機嫌よろしゅうございます。

今日は濃茶点法についてのお話を

茶道には薄茶・濃茶とあり、一般的に現在は
抹茶といわれてだされるものは薄茶が多いですが
本来抹茶といえば、この濃茶を点てるのが
正式な姿で、茶の湯が出来た頃には、お茶といえばむしろ
この濃茶のみ
であったと思われます。

点法で「お茶を一服差し上げます」
という挨拶はこの濃茶を指すわけです。

薄茶の時とは異なり、一服のお茶が点つまでに
主客共に精神を張り詰めて、一挙手一投足に
集中し、釜の煮え音、茶を練る音、柄杓から湯の落ちる音
までもご馳走に楽しみます。

遠州流の濃茶でのお点法では、
お茶の香りが飛ぶのを避けるため
お茶を点てている途中で、お湯をくわえないこと
(2014年 11月 26日 参照)
茶入の巣蓋は景色として、お客様に見えるように
置くことが特徴的です。

また中水の後にはそれまで窓に掛けていた簾を
茶室外から、一気に巻き上げます。
明るい日差しが入ることにより、室内がパッとあかるくなり、
一服の茶に
集中していた緊張感が溶け、 開放感が生まれます。