おそらく椿

2014-11-14

11月 14日  おそらく椿

ご機嫌よろしゅうございます。

京都伏見にある安産祈願で知られる
御香宮神社をご存じでしょうか?

ここには遠州公ゆかりの椿が植えられています。
「おそらく椿」と呼ばれるその花は
白と薄紅の混ざった淡い色をした花弁が
幾重にも重なり合い、丸く可愛らしい印象を受けます。

この椿は豊臣秀吉が伏見城築城の際、
各地から集めた茶花の一つと伝えられ
樹齢約400年の古木です。

遠州公が伏見奉行を務めていた折、
この御香宮を訪れました。

「各地で名木を見て来たが、
これほど見事なツバキは、おそらくないだろう」

とたたえた事から、以後
『おそらく椿』
と呼ばれるようになったのだそうです。