清水

2017-7-17

7月 17日 (月)清水

みちのべに清水ながるる柳かげ

しばしとてこそ立ちとまりけれ

ご機嫌よろしゅうございます。

ようやく梅雨が明けたかと思うと、

今度は暑さがこたえるようになりますが

歌人・西行も青空の広がる夏の日に、柳の木陰で

一休み、あまりに心地よくて長居してしまったようです。

観世小次郎信光が作った謡曲『遊行柳』にもこの

歌が登場し、那須の芦野にある柳は観光地として

一躍脚光を浴びるようになりました

「奥の細道」遊行柳の段では、この歌は西行が

二度の奥州歴訪(1144年頃と 1186年の二回)の

どちらかで詠んだものであるとして、実際にこの芦野に

訪れた芭蕉は「清水流るる柳」を見たいという願いが

今こそかなったと感動し、

田一枚 植ゑて立ち去る 柳かな

と詠んでいます。

この西行の歌から遠州公によって銘がつけられた茶入に

「清水」があります。

真中古 柳藤四郎手の本歌であるこの茶入の挽家には遠州公が

金字で書付けされています。

やや青味を帯びた白色土に、口は浅めの捻返し

黄茶色釉に濃墨色の釉が掛かっています。