宗家道場の床の間拝見

2017-2-6

2月

2月6日 (月) 宗家道場の床の間拝見

ご機嫌よろしゅうございます。

立春も過ぎ、冬の間張り詰めていた氷を
春の風が解かしはじめます。
宗家道場の床の間も、新しい季節を感じさせてくれます。

床 紅心宗慶宗匠筆 松竹梅絵賛 三幅対
松無古今色 竹上下有節 柳緑花紅

花 曙椿 蝋梅
花入 染付高砂

こちらの掛物はご先代がおかきになられた三幅対です。
「松に古今の色無し」「竹に上下の節有り」は対句で
松は常に青々として常住不変の一方、竹の節は差別(区別)
の存在を表します
「柳は緑、花は紅」は、自然のあらゆるものがそのままで
真実を具現している様を表しています。
三幅対は、これらの禅語の松、竹、柳の部分を絵で、
他を文字で書いています。
花入は高砂。新春にふさわしい花入です。昨年の2月の
メールマガジンで、能「高砂」と花入についてご紹介しました。
こちらもご参照ください。