東海道旅日記「下りの記」

2021-3-5 UP

ご機嫌よろしゅうございます。

日記に出てくる瀬田大橋の擬宝珠にはこんな逸話があります。

千利休が昼の茶会の席で、
「瀬田の唐橋に付いている擬宝珠のなかに、
形の見事なものが2つあるのですが、
それを見分けた方はおられますか」
と皆に尋ねました。
その場にいた織部が、にわかに席を離れるや
その後姿がみえなくなったので、皆どうしたのだろう
と思っていると、晩になってお戻りになりました。
利休が何か御用事あったかと聞くと、
「さきほどご指摘の擬宝珠を見分けてみようと
瀬田まで行ってまいりました。二つの擬宝珠とは、
橋の両端のものではありませんか。」
と織部。それを聞いた利休は
「いかにも」と答えます。
一座にいた人々は、織部の執心の深さに感嘆したそうです。

東海道旅日記「下りの記」

2021-2-26 UP

ご機嫌よろしゅうございます。

忙しいとき、つい近道と思って行った道や片手間にやってしまったことが、
かえって時間を食う結果となることがあります。
そんなときのいましめに「急がばまわれ」という言葉が浮かぶでしょう。

室町時代の連歌師、宗長が詠んだ

武士(もののふ)のやばせの渡り近くとも
 急がばまわれ 勢多の長橋

という歌が、「急がばまわれ」のことわざの発祥であると
江戸初期の僧、安楽庵策の記した『醒睡笑』に紹介されています。
東海道を進むには、矢橋のから船で向かう方が早いけれども、
天候によっては危険をともないます。
少々遠回りではあっても勢多の長橋から行った方が安全だということで使われたようです。

近江八景

2021-2-12 UP

ご機嫌よろしゅうございます。

湖を船ですすむ遠州一行。
湖上からふと目をやれば、趣深い風景が広がっています。
情趣を解さない、歌を詠まない供の者に、残念そうな遠州公でした。

この近江湖東から八カ所の名所を、中国の「瀟湘八景」に
なぞらえて選んだものが近江八景です。
これまで、戦国時代から江戸時代にかけて選定されたといわれていましたが、
近年では、「寛永の三筆」の一人近衛信尹が、琵琶湖湖畔の膳所城から
その眺めを詠み選んだ歌が残されている資料が発見されました。
近江の数ある名勝のなかから、瀟湘八景の情景を取り合わせて、
膳所城からの眺望を和歌にして詠み、膳所城主に差し上げたという説が有力です。
江戸時代には日本の代表的な名所として多くの人に親しまれ、
江戸後期浮世絵師の安藤広重の風景画により広く知られるようになりました。
近衛信尹は公家の中でも最高位にある近衛家の中でも偉才人物で
「寛永の三筆」数えられる能筆でありました。その養子にあたる信尋は、
やはり能書家で知られ、実は後水尾天皇の弟にあたる人物ですが、
遠州公との手紙のやりとりが残っており、
当代きっての文化人同士の交流が伺えます。

令和三年遠州茶道宗家 点初め

2021-2-10 UP

ご機嫌よろしゅうございます。

先日ご案内した、
令和三年点初めがいよいよ明日配信となります。
皆様、お見逃しなく!

◎日時【本配信】 令和3年2月11日(木) 午後1時00分〜 
【再放送】 令和3年2月28日(日)午後1時00分〜

お申込み・詳細はこちらをご覧ください。
tiget.net/events/118710

東海道旅日記 下り 〇江月宗玩

2021-2-5 UP

ご機嫌よろしゅうございます。
日記のはじめに登場するのは江月宗玩。
この江月宗玩禅師は遠州の5歳年上の大変親交の深い人物の一人です。
10月の8日江戸に向かうことになった遠州公に
餞別の志を一偈にして、手紙を添えて送っていますが
その翌年にはお亡くなりになっています。
津田宗及の子。春屋宗園の法を継ぎ大徳寺、博多崇福寺の住持となります。
茶人として名を馳せた父・宗及由来の名物などを見聞きして育っており
江月を開山とする大徳寺龍光院は、江月由来の名物が数多く残っています。

江月といえば、朝廷が僧侶に出した紫衣勅許を江戸幕府が無効とした紫衣事件が有名です。
幕府に対し抗議をした結果、配流となった沢庵宗彭・玉室宗伯に対して、
江月は大徳寺の存続のため許されます。
当時、その人となりからも一行物が大変に人気のあった江月ですが、
一人罪を免れたとの汚名を受け、当時の人々はその墨蹟を破り捨た
とも記されています。
しかし実際には三年の間、京へは戻らず江戸にとどまり、
配流となった二人の放免に尽力したと思われます。

特別企画「令和3年 遠州茶道宗家 点初め」

2021-2-3 UP

ご機嫌よろしゅうございます。
今般の事情により「点初め」は中止とさせていただきましたが、
この度、スペシャル版として「令和3年 遠州茶道宗家 点初め」を
初のLIVE動画配信で皆様のもとへお届けすることにいたしました。
大変貴重なこの機会に大勢様のお申込みをお待ち申し上げます。
◎日時【本配信】 令和3年2月11日(木) 午後1時00分〜 

お申込み・詳細はこちらをご覧ください。
tiget.net/events/118710

東海道旅日記 「下りの記」訳文2

2021-1-22 UP

→先週の続き

山の方へ眼をやると、そこだけが時雨が降っており、
見過ごしがたい眺めだ。

出てゆく けふの別を おしといふ 
けしきながらの 山の時雨は

と、独り言ちする。
伴う人はいても、歌を詠む者ではないので、
この山の景にさへ不満そうな顔でいるのも
言葉こそださないが嘆かわしい心地でいると、
舟は矢橋の浦に到着した。
見送りに来てくれた人たちに、
別れを告げて舟から上がり、此の里を出る。
東の方角に向かえば鏡の山、おいその森も近い。
この山も時雨れて曇っている。

心ありて くもる鏡の山ならん 
老そのもりの かげやうつると

と、また独り言ちして進む。
戌の刻(20時前後)水口の里に着く。
ここにまで都より人が訪ねてきてくれていろいろと話をしている程に、その夜も更けていった。

★「茶の湯と日本人と」(幻冬舎)が
ギャラリーきほう及び全国の書店にて発売中

東海道旅日記「下りの記」  訳文1

2021-1-15 UP

ご機嫌よろしゅうございます。
今日から本文の訳をご紹介致します。
以下訳文

10月の8日江戸に向かうことになり
江月和尚より餞別の志を一偈にして、
手紙を添えてよこしてくださった。
公儀の用が忙しく、手紙を開く暇もなく
日も暮れ、伏見の里を朝も早くから出発し、
関山を越えて内出の里に到着する。
そこかしこから人が集まってきて、
心せわしくあわただしくしているうちに時も過ぎていった。

瀬田の長橋を渡ろうとするが日が短いので、
うち出の濱から渡し船に助けられて琵琶湖をすすむ。
北を見れば焦がれてやまない滋賀の故郷がみえる。
唐崎の松も懐かしく思われる。

ふるさとの 松としきかば旅衣 
たちかへりこむ しがのうら浪

東海道旅日記「下りの記」 遠州の江戸詰四年

2021-1-8 UP

遠州公の「下りの記」は神無月、
10月の8日から始まります。

そしてこの寛永19年10月に遠州公は
江戸の飢饉対策奉行となっています。
「公の事しげくに…」と記されていた背景に
はこのお役目があったのでしょうか。

この年、寛永の大飢饉がおこり全国的な
飢饉にみまわれます。
農民たちは作物の育たない田畑を手放し、
身売りや江戸へ流入し、
飢えに苦しむ人々であふれていました。

その対応に追われていた幕府は、知恵伊豆と
言われていた松平伊豆守信綱を中心に、
畿内の農村掌握の第一人者であった遠州公も
連日評定所にて協議を行いました。

このとき、将軍に茶道指南を請われたともいわれ、
この先4年間江戸にとどまることとなり、
俗に「遠州4年詰め」と呼ばれています。
この飢饉対策の対応のため動く幕閣や、
江戸に参集していた各地の大名に
遠州公の茶が広まるきっかけともなるのでした。

きれいさびの日々

2021-1-2 UP

皆様あけましておめでとうございます。
今年一年の皆様のご多幸とご健康を
心よりお祈り申し上げます。

本年もメールマガジン「綺麗さびの日々」を
どうぞよろしくお願いいたします。

今年は、昨年ご紹介してまいりました小堀遠州公筆
「東海道旅日記」の「下りの記」をご紹介してまいります。
「上りの記」が綴られてから21年の歳月が流れ、
遠州公64歳での日記となっています。
当時の平均寿命が50歳位であったことを考えると
多忙な日々を過ごしながらも、大変長寿であったといえます。
 
 元和七年の「上りの記」と比較すると、13日であった
旅程を10日という急ぎ旅で、
書体も心なしか走り書きの様子が感じられます。