12月 4日(金)遠州公所縁の地を巡って

2015-12-4

12月 4日(金)遠州公所縁の地を巡って
「孤篷庵」

ご機嫌よろしゅうございます。

寛永二十年(1643)遠州公六十五歳
の時、手狭になったため、孤篷庵を龍光院から
現在の地へ移しています。

孤篷庵は作事奉行として数々の建築や庭に携わった
遠州公が、自らの好みで設計したものです。
孤篷庵内の茶室「忘筌」は客間として使われ、
遠州公は茶頭に点法をまかして、お客様と
歓談を楽しんだことでしょう。

遠州公が亡くなるのが、
この孤篷庵ができてから二年後。
短い時間でしたが、この自分の好みを
最大限に反映させた茶室で
茶の湯を楽しみました。

残念なことに孤篷庵の建物は、遠州公が亡くなって
から約百五十年後の寛政五年(1793)に焼失。
その後、遠州公を崇敬する松平不昧の指導と援助に
よって、寛政九年~十二年頃に再建されました。