12月 25日 (金)遠州公所縁の地を巡って

2015-12-25

12月 25日 (金)遠州公所縁の地を巡って
「辞世の句」

ご機嫌よろしゅうございます。
今日で遠州公所縁の地にちなんだお話も
最後となりました。
今日は遠州公の辞世の句をご紹介したいと
思います。

遠州公は六十九歳の二月六日、
伏見奉行屋敷で亡くなりました。

きのふといひ けふとくらして なすことも

なき身のゆめの さむるあけほの

今までの人生と遣り残したこと
その全ての欲を捨て去った時に
人間は人間に取って一番大切なものが
何であるかと言うことを知るのだ。

今までの人生と残した仕事さえ、
亡くなって逝く自分には
曙の中ではかなく覚めてゆく
夢のような気がする.