東海道旅日記「箱根」

2019-8-21

朝から激しく雨風が吹いていましたが、
十時を過ぎる頃には雨も静まり、遠州一行は宿を出発します。
この日は箱根越え。
1618年、江戸幕府は箱根湯本から元箱根に
至る山道を整備しました。
有名な関所の制度が定まったのは寛永2年(1625)のこと。
旧小田原宿から旧三島宿は、特に難所中の難所と言われ、
また揉め事も絶えず「箱根の八里越え」と呼ばれました。
無事に越えることができると「山祝い」といって
主人から郎党に祝儀がでたほどでした。
丸一日かかったといわれる箱根越えですが
遠州公も10時に出発し、日の暮れる午後5時
には箱根に下りており、なかなかの健脚ぶりです。