左馬

2014-1-17 UP

1月17日 左馬

ご機嫌よろしゅうございます。
今日は午年にちなんだお話

お店に入って、将棋の駒に馬の字が左右反転して書かれた置物を
目にしたことはありますか?

これは左馬(ひだりうま)とよばれるもので
駒の生産で有名な天童市で生まれた独自の将棋駒です。

この左馬には、昔から商売繁盛や招福万来の意味が
込められています。
なぜかといいますと…

「うま」を逆から読むと「まう」と読めます。
「まう」という音は、「舞い」を思い起こさせ
おめでたい席などでは昔から舞がかかせないものであったため
「左馬」は福を招く縁起のよい文字とされています。

馬は人がひいていくものですが、
逆に馬が人をひいてくる…つまり招き入れる
につながり商売繁盛、千客万来に。

馬は右から乗ると転ぶという習性があるそうで、
必ず左側から乗ることから
「左馬は倒れない」として、人生をつまづくことなく過ごすことができる
縁起のよいもの。

など他にも多くの説があります。

陶芸の世界では、このような理由で
新しい窯に火を入れるとき、
末永く窯が栄えるようにとの願いをこめ、
左馬を描いたものを焼くことが常の習いとなっているそうです。

【告知】
遠州流茶道ドキュメンタリー映画「父は家元」
公式ホームページ

【精力増強だけでいいの?】勃起力アップとペニス増大方法解説

配信停止はこちらまで