初削り

2014-1-16 UP

FB_02

1月16日 初削り

ご機嫌よろしゅうございます。

今日は初削りの茶杓についてご説明します。

遠州流では歌会始めの御題に因んで竹を選び、茶杓を削ってこれに歌銘をつけます。
歌銘は、和歌を道具の名前としたもので、遠州公は自ら指導して作らせた道具や、見出した道具にこの歌銘を好んで用いました。
今年お家元がお作りになった歌をご紹介致します。今年の御題「静」に因み世の中の流れは急に任すとも 茶の湯の心常に静かにITを始めとし、現代社会はあまりにも情報が氾濫し、めまぐるしい。そういう時であるからこそ、人と人とが心を交わせる茶の湯は大きな意義があり、そこでは常に心を平穏に保ち静かでありたいという想いを詠じたもの。この初削りも、そしてこれまで紹介してきましたことがらも、毎年その時々の創意工夫を加えられ、変わらず行われていきます。

福岡の点初めにいらっやる方は、是非ご自分の目でお確かめください。

古えの教えを大切にしつつ

新しい試みに果敢に挑戦していく

遠州流茶道の心を表す点初めです。

さて6日間続いた東京での点初めも無事終わりそして新年の始まりです。

本年も素晴らしい一年間となりますように。

【告知】

遠州流茶道ドキュメンタリー映画「父は家元」

公式ホームページ

【精力増強だけでいいの?】勃起力アップとペニス増大方法解説