6月27日(月)久保権大輔

2016-6-27

6月27日(月)久保権大輔

ご機嫌よろしゅうございます。 明日6月28日は久保権大輔の命日にあたります。 久保権大輔は奈良春日社の神官の家に生まれます。 「長闇堂」とも呼ばれ、侘茶人としても知られています。そして遠州公とも深い親交がありました。 身分も低く貧しい権太夫が、名物道具を拝見するには どうしたらよいかと遠州公に相談したところ、袋師になることを勧められたという話が残っています。 袋を作るには実際に道具が手元になくては作れません。袋を作る間だけ、様々な道具が手元におけるというわけです。 息子の杢(もく)もその後を継いでいます。 また権太夫が方丈の庵を作り遠州公に 額を頼みました。 それが「長闇堂」 この名は遠州公が鴨長明にちなみ、「長明は物知りで明晰であったがあなたは物を知らず”智にも暗いので ”闇”だ」 というわけで長闇堂と名付けたと言われています。 寛永十七年(1640)六月二十七日亡くなります。遠州公は死を悼み、自ら筆をとり 文に歌を書き付けています。

春の日の光をあふぐ法の舟 ちかひのうみは 浪かぜもなし