茶の湯の花 3月

2603_10_001.jpg

茶の湯の花

弥生

花 曙椿 白文字
花入 唐銅 唐松耳付

遠州忌茶筵の大広間の床の間の花です。大振りな唐銅花入は、口は柑子口の上部が竹節、耳は唐松、下蕪の部分は梅というおめでたい造形です。
太目の白文字を一花五葉の扱いの曙椿に添えています。